220610_114.jpg
ORGANIC-MOTHER-HOUSE-植物調合美容研究所-WH.png

Labo News

  • makoto239

日本初ソーラーパネルの自家太陽光発電「100%」で動くオーガニック認証化粧品工場になりました。




- 祝 日本初 - 自家太陽光発電「100%」で動く COSMOSオーガニック認証化粧品工場に なりました。








私の夢は「社会起業家」になることでした。




どうせ会社を作るなら

守りたい人や、変えたい社会 大切にしたい地域や資源にために 小さな事業でも継続したい、と。


そう思って24歳の時に自宅で始めた 小さなおーガニックエステサロン 「ORGANIC MOTHER LIFE」

当時は貢献できるほどの規模でもないし 続けることが精一杯で...



でもこうして時が経ち 8年目を迎えて私の会社は 小さなアクションでも

大きな影響力を持つようになっていきました。




「エシカル」なことは 買い物の仕方や、物の選択の仕方次第で 個人でも貢献していけるのですが


「サスティナブル」なことは 企業がしっかり仕組みを整え 継続的に開発・生産・雇用・維持できるように 少なからず行動指針を変え、投資しなくては できないと思っています。







これまでの私はエシカルな生き方や オーガニックな生き方を誇りに思っていたけれど

これからはオーガニックカンパニーとして サスティナブルな事業に しっかりと貢献していかなくてはなりません。





これまでは あまり意識したことがなかったんです。



元々、オーガニック事態が SDGsに沿っていたので

後から時代が気づかせてくれた、というのが 本当は正しいのですが...






今回も「ソーラーパネル設置ができる」という SNSでの記事を拝見して


「あ、これなら私も貢献できる」と その場で迷わず申し込み


記念すべきハチドリ電力さん及び ハチドリソーラーさんにとっても 「法人第一号」となった今回の取り組み。



私のような小さな企業でも 指針や行動一つで 小さな社会は変えられるんだよ、って

少しでも誰かの心に響くことを祈って。






太陽光発電システムを導入すれば SDGsに貢献できる



企業がSDGsの達成に貢献するうえで 導入しやすいのが 太陽光発電のシステムでした。







特に、日本の宮崎県は 「日本のひなた」と呼ばれるほどに

日照時間が長く

雨も少ない地域です。




太陽光発電システムの導入は SDGsの17の目標のうち 7番目の「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」に該当します。





太陽光発電によって作られる 「再生可能エネルギー」

火力発電の原料となる 石油や石炭などの化石エネルギーと比べて

発電時に温室効果ガスの排出を

グッと抑えられる クリーンなエネルギーです。









しかも

私たちの工場では50%以上を 「自然電力会社に売電」できるほどに 発電できる時期もあるそうです。



すごいですよね。



自社だけでは消費しきれないほど この屋根は電気を作り出すんですって。




私はこの記事を見て 法人プランに申し込みをしました <ハチドリソーラーとは> ハチドリソーラーは地球温暖化解決のために立ち上げられた初期費用0円の住宅太陽光発電サービスです。 私たちは、より多くの方と一緒に「自然エネルギーを増やす」ことで、持続可能な社会の実現を目指しています。 「ハチドリソーラー法人プラン」の特徴 1.初期費用0円 太陽光パネル導入時に必要な初期費用は一切かかりません。 導入時の工事費用や太陽光パネル等の機器も費用負担0で導入いただけます。 2.契約期間中はメンテナンス保証付き 9年間のご契約期間中はメンテナンス保証を完備。自社で発電した電気を安心してご利用いただけます。 3.独自の災害保証付き 突発的な故障や所定の自然災害であれば無償で修理対応・新品交換を行います。 4.RE100基準の再生可能エネルギーを利用可能 自社の屋根で発電する自家発電設備のため、世界のRE100基準の電源を活用した環境経営が可能です。









RE100基準の 再生可能エネルギーとは?



RE100とは 「Renewable Energy 100%」の略称で

事業活動で消費するエネルギーを

100%再生可能エネルギーで調達することを

目標とする国際的イニシアチブを指します。




《日本のRE100加盟企業》 リコー、積水ハウス、ソニー、イオン、アスクル、富士通など66社 そこにひっそりと、私も加わります。笑
RE100に参加している日本企業は66社です(2022年3月8日現在)



RE100が最大の目的は 「脱炭素社会」への循環を生み出すことです。












私たちの小さな行動一つで 変えられること



素晴らしいことは 常に取り組み続けたい。



でも多くの人はまだ こういったエシカルな行動指針に対し


「それで効果はあるの?安くなるの?」と


対価効果を求めてしまいがちです。




私も事実、会社が大きくなる中で やっと貢献できることが増えて 意識をし始めた

身ではあるのですが...




やっぱりまだ


周りの人の多くに こういった取り組みを個人や企業レベルで 行っている人は少ないのが現状です。









だけど


どんな事でもそうですが


「口でとやかく言うよりも まずは行動してみたら分かるよ」


と言うこと。







エシカルな取り組み一つ一つは 自然や地域に対して 本当に小さなアクションかもしれない。




費用対効果や自然への効果を 数字やエビデンスで測るのは結構だけど


“まずは、やってみたら?”



- と、思う今日この頃。



私は自分で考えて 必要なものは

全て取り入れて行きたいのです。





坂田まこと